首都圏の脱毛口コミサイト 口コミナビ
  • 施術ごとの口コミ
  • 最近の口コミ
  • 美容医療ガイド
  • お悩みランキング
  • クリニックランキング
  • クリニックを探す

特集医療レーザー脱毛

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは 医療機関で行われる医療レーザー脱毛には、医療用レーザー光が使われています。

ムダ毛の部分にレーザー光を照射すると、毛根と毛乳頭にあるメラニンという色素にエネルギーが吸収され、毛根そのものと、その周りの毛を生産している毛母細胞を破壊させます。
毛母細胞を破壊することで、発毛そのものの働きを止めることになり、その部位からはその後、毛が生えることなく永久脱毛が可能になります。

このレーザー光は、正常な皮膚には反応しません。
そのため、肌のトラブルを起こすこともほとんどなく、敏感肌やニキビ肌、アトピーの方が施術を受けることも可能だとされています。

レーザー脱毛専用のレーザー光が開発されたきっかけは、シミやホクロ、アザのレーザー治療でした。
レーザー光を使ったシミ取りなどの治療によってメラニン色素が破壊されると、毛根部も破壊され、その後は毛が生えてこなくなることから、脱毛用のレーザー光の研究が進み、脱毛専用機器としてアメリカで開発されました。開発当初は、日本人を含む東洋人は欧米人に比べ皮膚の色が濃い(メラニン色素が多い)ため、欧米人が使用しているレーザー脱毛機器では、メラニン色素に吸収されるレーザーの反応が強くなってしまうとされていました。
そのため、欧米人用のレーザー機器による脱毛で、多くの肌のトラブルを起こしてしまうことが難点でしたが、最近では、東洋人向けの新しいレーザー脱毛機器が開発され、日本にも普及しています。

医療レーザー脱毛の人気ランキング

医療・永久脱毛キャンペーン
病院情報の登録はこちらから お問合せ