首都圏の脱毛口コミサイト 口コミナビ
  • 施術ごとの口コミ
  • 最近の口コミ
  • 美容医療ガイド
  • お悩みランキング
  • クリニックランキング
  • クリニックを探す

美容医療ガイド

シミ・肝斑

鏡を見るたびに気になるシミや肝斑。一生懸命メイクで隠してみても根本的な解決にはなりません。一見同じように見えるシミと肝斑ですが、そのでき方はまったく違い、治療法も異なります。美容クリニックでは、悩みを解決するためにさまざまな方法を用いていますが、ここでは、シミの治療法として多く行われている「光治療」、肝斑に効果的な新しいレーザー治療「レーザートーニング」のメリット・デメリットを紹介します。

光治療

光治療のメリット

シミにはいくつかの種類がありますが、多くの場合、本来排泄されるはずのメラニン色素が、肌のターンオーバーの乱れにによって排出されずに溜まってしまうことで起こります。その原因は、肌の老化、紫外線の影響でメラニン色素が通常よりも多く作られてしまう、ストレスや生活習慣の乱れなどさまざまです。
シミの治療方法にも、有効成分を注入する方法、レーザーや光を利用した照射系治療などがありますが、比較的多くのクリニックで行われているのが「光治療」です。

シミ・肝斑光治療は、波長の短い特殊な光を照射することで肌トラブルを改善させるもので、シミやくすみに効果を発揮するといわれています。同じ照射系治療でも、レーザー治療の場合、単一の波長で強いエネルギーを持つレーザーが使われますが、それに対し、光治療は、肌への刺激が少ない優しい光を利用しているのが特徴です。
光治療で用いられる光エネルギーはメラニンや色素に反応するため、メラニンを多く含んだシミに作用し、改善して行きます。また、コラーゲンの生成が促進されるので、シミの改善と同時に美肌効果も得らるといわれます。

光治療は弱い光で行われるため、痛みはほぼ感じず、ダウンタイムもほとんどありません。照射後すぐにメイクすることもでき、他人からもまず気付かれずにシミを改善することができます。

光治療のデメリット

光治療は、肌にダメージの少ないシミの改善方法ですが、光を肌に当てるため、人によっては施術の際にわずかながら痛みを感じたり、施術後に炎症を起こしたりすることもあります。また、1回の施術で劇的な効果が望めるわけではないので、ある程度の定期的な通院が必要になります。

なお、光治療は肝斑には効果を発揮しづらく、場合によっては症状を悪化させてしまうこともあります。これは、シミと肝斑では発生のメカニズムが違うためです。このようにシミに効果のある施術が必ずしも肝斑にも効果的というわけではありませんから、自分の悩みが一般的なシミなのか、肝斑なのかを明確にするためにも、まずは医師のカウンセリングを受けることをおすすめします。

光治療のメリット 光治療のデメリット
・肌へのダメージが少ない
・安全性が高い
・ダウンタイムがほとんどない
・周囲に気付かれにくい
・施術直後からメイク可能
・1回の施術で劇的な効果は得られない
・効果を実感するには複数回の施術が必要
・稀に痛みを伴うことがある
・稀に炎症を起こす場合がある
・肝斑には適さない

代表的な光治療機器「フォトフェイシャル」

フォトフェイシャルは、Intense Plused Light(IPL)という広域な波長の光を肌に照射し、シミやくすみなどの肌トラブルを改善するための光治療機器です。 フォトフェイシャルで使われている光は特定のものに反応して熱に変わる性質を持っていて、中でもメラニンに強く反応するため、正常な組織にほとんどダメージを与えることなくシミの解消が望めます。また、光を照射した際の熱の作用には、皮膚を活性化し、コラーゲンを増加させる効果もあるので、美肌効果も得られるといわれています。

レーザートーニング

レーザートーニングのメリット

肝斑は、一般的に30〜40代の女性、特にアジア人に多く見られる、薄茶色をしたシミの一種です。皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいといわれていて、その原因は、女性ホルモンのバランス、ストレス、肌への過剰な刺激などが原因と考えられています。実際の症状は人によりさまざまですが、頬骨の辺りに左右対象にできることが多いのが特徴です。

これまで肝斑へのレーザー治療はタブーとされてきましたが、新しいマシンの開発によってレーザーを用いた「レーザートーニング」が可能になり、注目を集めています。
レーザートーニングは、肌が炎症を起こさない程度の弱いパワーのレーザーを均一に照射することにより、肝斑を目立たなくさせるという施術です。メラニンを生成するメラノサイトに必要以上の刺激を与えることなく、肌に溜まったメラニンを減少させることができ、さらに通常のレーザー治療よりも肌へのダメージが小さく、痛みやダウンタイム、やけどなどのデメリットも少ないとされています。
施術時間は1回10分程度で、効果を実感するには1〜2週間間隔で4~5回ほどの施術が必要です。

二重整形

レーザートーニングのデメリット

低出力のレーザーを用いているため安全性が高いといわれるレーザートーニングですが、少ないながらも施術時に痛みを感じたり、施術後に肌が赤くなったり、肌が弱い人の場合は、稀に傷が残ったりすることもありますので、施術前に医師とリスクについての共通認識を持つことが重要です。
また、1回の施術で劇的な変化は望めず、4~5回程度の施術を要するため、施術費用がかさむ場合があります。

レーザートーニングのメリット レーザートーニングのデメリット
・周辺組織にダメージを与えない
・シミが黒くならず徐々に薄くなる
・肌へのダメージ少ない
・安全性が高い
・ダウンタイムがほとんどない
・施術直後からメイク可能
・施術の際、稀に痛みを感じたり、赤くなることがある
・稀に肌に傷がつく場合がある
・1度の施術で劇的な効果は得られない
・効果を実感するには施術回数が必要
・結果的に施術費用が高額になる場合がある

レーザートーニングが行える医療レーザー機器「メドライト」

メドライトは、美容外科ではベーシックなマシンであるQスイッチNd: YAG レーザーの最新機種で、肝斑治療に最適な医療レーザー機器とされています。肌に低刺激で均一なエネルギーを照射して、余計な刺激を与えずに蓄積したメラニンを減らすことができ、さらに532nmと1064nmという2種類の波長を使い分けることで、一般的なシミやくすみ、炎症後色素沈の改善などの肌トラブルにも有効といわれています。

シミ・くすみ・肝斑の人気ランキング

医療・永久脱毛キャンペーン
特集医療レーザー脱毛
病院情報の登録はこちらから お問合せ