首都圏の脱毛口コミサイト 口コミナビ
  • 施術ごとの口コミ
  • 最近の口コミ
  • 美容医療ガイド
  • お悩みランキング
  • クリニックランキング
  • クリニックを探す

美容医療ガイド

脂肪吸引

「ダイエットで体重を減らしてもなぜか脂肪が減らない」「ウエストや二の腕、脚など、部分的に太っている」など、スタイルの悩みは尽きないだけに、脂肪吸引の人気は高まっています。
脂肪吸引とは、脂肪が気になる部分にカニューレと呼ばれる細い管を挿入し、脂肪細胞を取り除く施術です。以前は、刃のついたカニューレでガリがリと脂肪を削ぎ落としていましたが、医療機器の開発が進み、周辺組織へのダメージが少なく、以前より短い時間での施術が可能になりました。数ある脂肪吸引機器の中でも人気を集めているのが「ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)」と「ボディジェット脂肪吸引」です。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

振動エネルギーで効率的に脂肪を吸引・ベイザー脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引のメリット

ベイザー脂肪吸引とは、カニューレ(吸引管)の先端からベイザー波と呼ばれる特殊な振動エネルギーを発生させ、脂肪細胞を乳化してから脂肪を吸引するものです。「ベイザーリポ」や「第三世代超音波脂肪吸引」とも呼ばれ、繊維や血管、神経を温存し、身体への負担を抑えながら効率的に脂肪を吸引できるため、皮下脂肪の約90%が除去可能です。また、アメリカFDA(食品医薬品局)の認可を受けたマシンであることから、従来の脂肪吸引よりも安全性が高いとされています。

施術時間は30〜90分程度で、麻酔をした後にカニューレを挿入し、脂肪を吸引していきます。施術中の痛みはなく、高い吸引の精度によって術後の出血や腫れも以前に比べて少ないため、術後も比較的早い快復が望めます。また、ベイザー脂肪吸引には引き締め効果もあるとされていて、施術後の皮膚のたるみや肌を触った時に感じる凸凹のリスクが抑えられるとも言われています。

脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引のデメリット

脂肪吸引全般的に言えることですが、大きな外科手術であり、機器の取り扱いも難しいため、施術中のトラブルや仕上がりの問題などのリスクがないわけではありません。ベイザー脂肪吸引も同じで、繊維や血管を温存しながら脂肪が吸引できるとはいえ、照射されるベイザー波の振動によって脂肪細胞以外の組織を傷つけ、身体に大きなダメージを与えるなどの危険性が考えられます。
施術後は腫れや痛み、内出血があるため、3〜4週間程度のダウンタイムが必要です。また、カニューレを入れた部分に傷跡が残ることもあります。

脂肪吸引は身体への負担が大きい施術ですし、過去には死亡事故も起こっています。こうしたリスクは、手術を行う医師の技術にも左右されますから、安全性、トラブル回避のためにも、医師選びはもちろん、施術自体も慎重に検討することが必要です。

ベイザー脂肪吸引のメリット ベイザー脂肪吸引のデメリット
・脂肪吸引の精度が高い
・繊維、血管、神経へのダメージが少ない
・従来の脂肪吸引に比べ痛みが少ない
・施術後の皮膚のたるみが少ない
・皮下脂肪の90%まで除去が可能
・即効性がある
・従来の脂肪吸引では困難だった部位にも対応
・振動で脂肪細胞以外の組織を傷つけることがある
・身体に大きなダメージを与える危険性がある
・腫れや内出血が長びくことがある
・カニューレを入れた部分に傷跡が残ることがある
・稀に施術後の肌が凸凹になることがある
・医師の技術によって結果に差が出る
・施術費用が高額
水流の力を利用した脂肪吸引法 ボディジェット脂肪吸引

ボディジェット脂肪吸引のメリット

脂肪吸引ボディジェット脂肪吸引とは、カニューレの先からジェット水流を脂肪細胞に当てることで、他の組織から脂肪細胞を分離し、脂肪を吸引するものです。「ウォータージェットアシスト脂肪吸引」や「ウォータージェット」とも呼ばれ、アメリカFDA(食品医薬品局)の認可も受けています。
ジェット水流の中身は麻酔効果や止血効果のある薬剤を含んだ脂肪溶解液で、脂肪層と筋肉層の間に水の隙間を作り、脂肪細胞を分離させて吸引します。従来型のカニューレを使った脂肪吸引では筋肉層へのダメージが大きく痛みや腫れが長引くことがありましたが、ボディジェット脂肪吸引では、筋肉や血管、神経など周辺組織への影響を最小限に抑えることができ、さらに、従来の脂肪吸引に比べ、施術時の麻酔が軽くて済むといわれています。

施術時間は部位によって異なりますが30分~2時間程度で、弱い吸引力でも脂肪を吸引ができるため、痛みや腫れ、内出血などが少なく、術後のダウンタイムも短めです。脂肪を吸引する際のムラが抑えられ、皮膚の表面が凸凹になるのを防げるともいわれいます。

ボディジェット脂肪吸引のデメリット

ボディジェット脂肪吸引は、現在使われている脂肪吸引機器の中では比較的身体へのダメージが少ないとされていますが、体内の脂肪を引きはがして吸引するため、当然、リスクはあります。場合によっては、カニューレの挿入時に脂肪細胞以外の組織を傷つけ、身体に大きなダメージを与えるなどの危険性も考えられます。また、麻酔効果や止血効果のある薬剤を使用しているとはいえ、筋肉痛のような鈍い痛みが1週間程度、内出血が起きた場合は2~3週間程度続くことがあります。また、カニューレを入れた部分に傷跡が残る、医師の技術によっては皮膚表面が凸凹になってしまうといったリスクもあります。

ボディジェットに限らず、脂肪吸引は身体への負担が大きい施術ですから、施術にあたっては慎重に検討し、安全性、リスク回避のためにも、熟練した医師を選んで行うことが大切です。

切開法のメリット 切開法のデメリット
・脂肪吸引の精度が高い
・繊維・血管・神経へのダメージが少ない
・出血が少なくダウンタイムが比較的短い
・従来の脂肪吸引に比べ痛みが少ない
・施術後の皮膚のたるみが少ない
・従来の脂肪吸引より多くの脂肪除去が可能
・即効性がある
・繊細なデザインが可能
・脂肪細胞以外の組織を傷つけることがある
・身体に大きなダメージを与える危険性がある
・腫れがひきにくいことがある
・内出血が長びくことがある
・カニューレを入れた箇所に傷が残ることがある
・稀に施術後の肌が凸凹になることがある
・医師の技術によって仕上がりの精度が変わる
・施術費用が高額

脂肪吸引の人気ランキング

医療・永久脱毛キャンペーン
特集医療レーザー脱毛
病院情報の登録はこちらから お問合せ