首都圏の脱毛口コミサイト 口コミナビ
  • 施術ごとの口コミ
  • 最近の口コミ
  • 美容医療ガイド
  • お悩みランキング
  • クリニックランキング
  • クリニックを探す

美容医療ガイド

ホクロ除去・イボ

メイクだけでは隠しきれないホクロやイボ。鏡を見るたびに「これさえなければ!」と思う人も少なくないでしょう。ホクロやイボは、キレイに取り除くだけで顔の印象が大きく変わるため、最近では美容クリニックで治療する人が増えています。美容クリニックで行えるホクロやイボ治療はいくつかあり、代表的なのが医療レーザーを使った「炭酸ガスレーザー法」、メスで切開する「切除法」です。
ここでは、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

□ホクロ・イボとは?
ホクロは肌の表面にメラニン色素を作り出すメラノサイトという細胞が高い密度で集まってできます。茶や黒、赤っぽいものなどがあり、形状も平らなものから少し盛り上がったものまでさまざまです。ほとんどのものは良性ですが、急に大きくなったり、出血したりする場合は悪性の可能性もあるので、早めに専門医にかかることをおすすめします。
一方のイボは、大きく分けてわけてウイルス感染が原因のもの、加齢や体質で発生するものがあります。ウイルス性のイボの感染経路は未だにハッキリと解明されていませんが、刺激することで周囲に広がり、数が増える症状が確認されているので、やはり早めの治療が必要です。また、加齢や体質によるイボは、長年に渡って受け続けた紫外線が蓄積しておこるとも言われていますので、日頃から肌ダメージを抑えることが予防につながります。ただし、体質的な面が大きい場合は、1度除去しても再発の可能性があります。

炭酸ガスレーザー法

炭酸ガスレーザー法のメリット

炭酸ガスレーザー法とは、炭酸ガスレーザーを照射することでホクロやイボを取り除くもので、主に5ミリ以下のホクロやイボに適しています。この治療法は、ホクロやイボ治療の中でもっとも手軽な方法といわれ、多くのクリニックで導入されています。
強力な波長の炭酸ガスレーザーは水に反応してエネルギーを発生する特性があり、患部に照射すると肌の水分に吸収され、その蒸散作用によって瞬間的に組織を破壊します。また、炭酸ガスレーザーは色素に影響されることがないため、黒いホクロだけでなく、淡い色のホクロにも効果を発揮します。さらに、炭酸ガスレーザーの蒸散作用は肌の表面に限られているため、肌の深部を傷をつけことはないとされています。
施術時間は5〜10分程度で、ダンタイムもほとんどありません。施術直後はカサブタが剥がれた時のように赤く、うっすら跡になりますが、時間の経過とともに新しい肌が再生されて目立たなくなります。

炭酸ガスレーザー法

炭酸ガスレーザー法のデメリット

炭酸ガスレーザー法は、5ミリ以上の大きなホクロやイボには向かないといわれています。また、ホクロの中には「急に大きくなった」「急に盛り上がった」「色が変わりだした」などの変化が見られるものがありますが、それらは悪性のホクロの可能性があるため、やはり炭酸ガスレーザーでは治療できません。

切開を伴う治療法に比べて手軽な施術ですが、強力なレーザーを肌に照射するため、施術直後は傷や色素沈着が目立つこともありますが、時間の経過とともに目立たなくなります。また、1度の施術で深く削りすぎると肌が大きく凹んだり、逆に盛り上がったりすることもあるため、形や大きさ、深さによっては、肌の再生具合を見ながら数度に分けて施術することもあります。

炭酸ガスレーザー法のメリット 炭酸ガスレーザー法のデメリット
・即効性がある
・肌へのダメージが少ない
・傷跡が目立ちにくい
・ダウンタイムがほとんどない
・5ミリ以上のホクロやイボには適さない
・施術直後は肌が凹むことがある
・施術直後は色素沈着を起こすことがある
・サイズや深さによっては複数回の施術が必要になる
・悪性のホクロは施術できない
切除法

切除法のメリット

切除法は、レーザーで取り除くことができない大きなホクロやイボに対して行う施術で、文字通り肌を切開して患部を取り除いていきます。ほとんどの場合、1回の施術で半永久的な効果が期待でき、炭酸ガスレーザー法よりもキレイな仕上りになるといわれています。
施術は局所麻酔をしたうえで行われ、メスで切開してから患部とその周囲の皮膚を取り除き、糸で縫合します。施術にかかる時間は20分程度です。施術後は化膿を防ぐために消毒などのケアを行い、絆創膏やテープ、ガーゼなどで肌を保護します。また、肌を紫外線から守るなどの配慮も必要です。

一般的に、施術直後は縫合跡が少し目立ちますが、約1週間後に抜糸した後は時間の経過とともに傷跡が薄くなっていきます。クリニックによっては、傷跡を目立たなくし、肌の状態を良くするために美肌効果のある医療レーザー治療を併用した独自メニューを提供しているところもあります。

切除法

切除法のデメリット

切開法は、1回の施術でホクロやイボを取り除くことができますが、メスを用いた外科手術なので、炭酸ガスレーザー法に比べると施術時間やダウンタイムは長くなり、施術後に痛みや腫れが出ることもあります。また、施術直後から抜糸までの間は縫合部を水に濡らすことができないため、洗顔やシャワーなどの制限があるほか、化膿しないよう注意を払わなければいけません。

医師の技術力の程度によっては縫合が歪んでしまったり、肌に段差ができてしまったりするこもあるので、施術を受ける時には高い技術力を持った医師を選ぶようにしましょう。

切除法のメリット 切除法のデメリット
・5ミリ以上の大きなホクロに効果的
・1回の施術で悩みを改善
・再発の心配がほとんどない
・施術後に痛みや腫れが起こることがある
・抜糸が必要
・ダウタイムが長い
・施術直後は洗顔やシャワーに制限がある
・傷あとが目立たなくなるまで時間がかかる

ホクロ除去・イボ・あざ治療の人気ランキング

医療・永久脱毛キャンペーン
特集医療レーザー脱毛
病院情報の登録はこちらから お問合せ