首都圏の脱毛口コミサイト 口コミナビ
  • 施術ごとの口コミ
  • 最近の口コミ
  • 美容医療ガイド
  • お悩みランキング
  • クリニックランキング
  • クリニックを探す

美容医療ガイド

メディカルダイエット

女性にとってダイエットは大きな悩みのひとつです。さまざまなダイエット法が次から次へとブームになりますが、自己流ダイエットでは、不健康な痩せ方をしたり、せっかく痩せてもリバウンドしたりと、根本的な解決に至らないことが多いものです。そのような時に頼りになるのが医療機関で行うダイエットです。

美容クリニックでも〈メディカルダイエット〉〈痩身治療〉といったメニューが用意されていて、一般的なクリニックでの肥満対策と比べると、「より美しく痩せる」ことを目指すものになっています。とくにメディカルダイエットは、脂肪吸引のように外科手術を伴わないとから、チャレンジしやすいと注目を集めています。中でも人気が高い施術が、ダイエット抑制剤を用いた「内服薬」、脂肪を溶かして排出する「メソセラピー」です。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

内服薬

内服薬のメリット

メディカルダイエット内服薬は、医師の指導のもと、「食欲抑制剤」や「脂肪吸収抑制剤」などの厚生省が認可した医薬品を服用するダイエット方法です。「さまざまなダイエット法を試したけれど目標が達成できない」「リバウンドを繰り返す」など、自己流のダイエットで思うような結果が出なかった人に向いています。無理な食事制限で健康を損なうことがないよう、体調や生活習慣をみながら医師がサポートしてくれるので、危険性が少ないうえ、リバウンドしにくいのが特徴です。
基本的には医師が処方した薬を飲むダイエットなので、生活習慣を大きく変えずに行えることから、ストレスに悩まされることも少なくなります。また、ある程度の期間が必要となるため、周囲に気付かれることなく自然に美しくダイエットすることが可能です。
クリニックによっては、抑制剤に加えて漢方薬を処方しているところもあり、ひとりひとりの体質や生活スタイルに合った内服薬の処方が進んでいます。

内服薬のデメリット

内服薬は、比較的リバウンドが少ないダイエット方法ですが、成果が得られるまでにある程度時間がかかります。体質やクリニックのプログラムによって期間は変わりますが、一般的に2ヵ月〜6ヵ月かけて徐々に体重を落としていきます。

各抑制剤の成分に対して過敏症の既往歴のある人、重症の高血圧、心臓、膵、腎臓、肝臓、胃腸、脳血管などに障害のある人、薬物やアルコール乱用歴のある人、妊婦や授乳中の人には適しません。内服薬の摂取が可能であっても、嘔吐や悪心、動悸、めまい、便秘などといった、薬による副作用が現れる場合もありますので十分な注意が必要です。

内服薬のメリット 内服薬のデメリット
・健康的にダイエットができる
・生活習慣を変えずにダイエットできる
・危険性が低い
・リバウンドしにくい
・ストレスが少ない
・周囲に気付かれにくい
・成果を実感できるまでにはある程度期間が必要
・定期的な通院が必要
・内服薬に適さない人もいる
・稀に副作用が現れることがある
・他の外科的な施術に比べ劇的な変化が実感できない
余分な組織を除去して確実に・切開法

メソセラピーのメリット

メディカルダイエットメソセラピーとは、フランスの医師によって開発された「脂肪融解注射治療法」のことで、脂肪溶解剤を気になる部分の皮下脂肪に注射し、脂肪を減少させるダイエット方法です。皮下脂肪がある部分ならどこでも施術でき、改善が難しいとされてきたセルライトの除去や部分痩せにも効果的といわれています。

メソセラピーで使用する薬剤は、大豆に含まれるレシチンの主要成分から作られていて、欧米では古くから高脂血症や血管硬化の治療薬、麻酔手術後の脂肪塞栓症予防薬として用いられてきました。メソセラピーは、この薬剤が脂肪細胞に浸透し、脂肪を溶解させて血中に取り込んで体外へと排出していきます。

施術時間は5〜10分程度で、2〜3週間に1度の間隔で4~6回繰り返します。外科手術のような劇的な変化はありませんが、次第に痩身効果があらわれます。また、メソセラピーはリバウンドがほとんど無いのも特徴で、クリニックによっては「切らない脂肪吸引」と呼ぶこともあり、その効果は脂肪吸引に並ぶともいわれています。

メソセラピーのデメリット

メソセラピーはメスを使わないため、身体へのダメージは少ない施術ですが、薬剤を注射する以上、デメリットがまったくないとはいえません。中でも気を付けなければいけないのがアレルギー反応です。使用される薬剤が大豆由来の成分のため、大豆アレルギーの人はメソセラピーを受けることができません。また、大豆アレルギーでなかったとしても、かゆみをはじめ、発赤や悪心、嘔吐などの副作用が起こる可能性、場合によっては筋肉痛のような痛みや腫れ、内出血などが起きることもあります。さらに、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病を患っている人や妊娠中の人はメソセラピーを受けることができません。

メソセラピーは脂肪吸引同様リバウンドがないとされていますが、1回に処置できる範囲が限られていて、広範囲の痩身には向きません。また1回の注入で劇的な効果が得られるわけではなく、効果を実感できるようになるには少なくて2~3回の施術が必要になります。 痩せたい程度や範囲によっては施術費用が高額になる場合もあることからも、施術前に十分に医師のカウンセリングを受けることが大切です。

メソセラピーのメリット メソセラピーのデメリット
・メスでの切開がない
・好みのボディラインが作れる
・リバウンドがほとんどない
・施術跡が目立たない
・施術時間が短い
・ダウンタイムがほとんどいらない
・周囲に気付かれず自然に痩せられる
・部分痩せが可能
・セルライトの除去が可能
・大豆アレルギーの人は施術ができない
・習慣病を患っている人や妊娠中の人は施術ができない
・稀に発赤や悪心、嘔吐などを起こすことがある
・痛みや腫れが出ることがある
・1度の施術で大幅な減量は期待できない
・効果を得るまでに何度か施術を受ける必要がある
・効果の大きさ、範囲広さによっては費用が高額

痩身・メディカルダイエットの人気ランキング

医療・永久脱毛キャンペーン
特集医療レーザー脱毛
病院情報の登録はこちらから お問合せ